1985年青森県生まれ。

 

加賀蒔絵を見て漆芸を知る。

金沢学院大学美術文化学部美術工芸学科に入学し、

前史雄氏・市島桜魚氏より塗り、蒔絵、沈金の技法を学ぶ。

 

大学卒業後、輪島漆芸技術研修所に入所、人間国宝作家陣より

様々な木地づくりや塗りの技術を教わる。

 

​その後、金沢市の漆の老舗・能作に就職。販売営業の仕事を経験し2016年金沢漆器作家として独立。

先人が何を考え、どのようにして知恵を積み上げてきたのかを、伝統技法による

制作を通して知りたいと考えています。

3Dプリンターや自動切削機械が登場し進化している現代では、手仕事の意味や人間

だから出来ることを考える必要もあります。

 

時間のかかる木地づくりの方法や、丁寧に塗り重ねる漆下地、金粉による蒔絵技法、

厚貝を使った螺鈿など、手間の掛かるという理由で簡単に廃れていきます。

 

一時の流行に流されず、手間を惜しまず、お金に踊らされず、地道に作り続ける事で

伝統技法は受け継がれてきました。

先人の努力と情熱に、敬意と感謝を感じずにはいられません。

 

そんな日本の職人に少しでも近付くことが出来ているのか。

漆や木材などの貴重な材料を使う資格はあるのか。

​日々自身に問いかけながら制作を続けています。

 © 2020 OTSUBO NAOYA